住宅ローンが支払えなくなった場合の賢い選択 – 【神奈川県央エリア専門不動産査定センター】センチュリー21スタイリッシュホーム

神奈川県央エリア専門 不動産査定センター

運営:センチュリー21スタイリッシュホーム「お気軽にお問い合わせください」フリーダイヤル:0120-772-395

お問い合わせ、来店のご予約はこちらをクリック

住宅ローンが支払えなくなった場合の賢い選択

住宅ローンが支払えなくなった場合、その住宅を手放す事になります。
手放す方法として一般的に良く知られている方法は競売です。

競売とは

お客様が住宅ローンの借入金を返済できなくなった場合には、金融機関が裁判所に申し立て担保として提供を受けていた住宅を差し押さえます。
その後、裁判所の権限によって強制的に売却をして、その売却代金を残債の補てんに充てる制度です。

競売の落札価格は市場の5割から7割と、かなり安い価格で取引されるケースがほとんどです。
その為、住宅を手放してからは賃貸の家賃と住宅ローンの残債の返済とダブルで支払う事になり、とても苦しい生活になる事が予想されます。
また、引渡し時期は裁判所により強制的に立退きを決められますので、お客様の都合は一切考慮されません。
周りの人たちにも、競売で売却したと噂をされるかもしれません。

そこで賢い売却方法として任意売却があります。

任意売却とは

競売が開始される前に債権を持っている金融機関に交渉して、お客様が自主的に一般の買主様に住まいを売却する方法です。
任意売却は競売に比べ、メリットがいっぱいあります。

競売 任意売却
売却価格 一般市場の5割から7割と、かなり安い価格で売却されてしまう可能性があります。 弊社の不動産を高く売れる5つの方法で、市場価格又はそれ以上の価格で売却できます。
売却後の返済金額 残債の残りが多いです。 残債の残りが少ないです。
残った残債の支払方法 支払いがきつくなります。 交渉により、毎月の支払を無理のない金額に抑えられる可能性があります。
残債の免除 免除されません。 交渉により、残債が一部免除される可能性があります。
プライバシー 競売で売却されたと、周囲から噂される心配があります。 競売ではありませんので、周りから噂される心配がありません。
引越し代 裁判所が相手ではまず出ません。 交渉で引越し代を残せる可能性があります。
現金が残る可能性 裁判所が相手ではまずないです。 交渉で残せる可能性があります。
引渡し日 裁判所から強制的に立退き日を決められてしまいます。 お客様の希望を考慮し、引渡し日を決める事ができます。

任意売却を成功させるためには

任意売却は金融機関との交渉が重要です。
交渉ですので、お客様にとって絶対有利な条件になるとは限りません。
より良い条件を引き出す為には、多くの知識と経験がある不動産会社を選ぶ事が重要です。

しかし、お客様の状況を知りつつも知識も経験も無い不動産会社が、売れないような高額査定でお客様からの委任を集めることもあります。
任意売却で販売活動ができる期間は短いです。高く売れなかったからといって次の不動産会社にお願いする時間は無く、そのまま競売にかけられてしまうことになります。

スタイリッシュホームは任意売却の知識と経験と実績があります。
スタイリッシュホームの強みは他社に査定額で勝つ事ではありません。
不動産を高く売却する5つの方法で、期限内に高く売却する売却力です。

もちろん相談も査定も無料です。
手遅れになる前に、まずご相談ください。

かんたん査定で気軽にチェック! 訪問査定でしっかり調査。ネットでかんたん売却査定

物件情報を入力しご希望の査定タイプをお選びください

※ かんたん査定は物件データベースを元に自動で価格を計算し、ネットで瞬時に査定結果を表示させるシステムです。